News

山中の挽物木地

山中漆器は石川県の南端部である山中温泉で作っています。山中漆器の歴史は安土桃山時代の天正年間(西暦1573-1592)に、越前の国から山伝いに、加賀市山中温泉の上流約20kmの真砂という集落に諸国山林伐採許可状を持った木地師の集団が移住したことに始まります。

その後、山中温泉の湯治客への土産物として造られるとともに、江戸中頃からは会津、京都、金沢から塗りや蒔絵の技術を導入し、木地とともに茶道具などの塗り物の産地として発展をしてきました。特にロクロを使った木地挽きの技術が盛んで輪島や、京都、福井など全国に木地を収めている産地です。

木地を挽く職人

ロクロを使い、回転させながら鉋(カンナ)とよばれる刃物で削ります。鉋は木地師の使いやすい形に鍛造し、刃先を研ぎ、器物に合わせて鉋の形も変わります。鉋の種類は約30~50種類と様々な形があります。家具職人は市販の刃物を購入して使いますが、木地師用の刃物は自分で作ります。挽く技術も大変重要ですが、自分に合う鉋を作れないと一人前にはなれません。

何種類もある鉋(左)と器物を固定するハメ(右)

木地師はお椀を荒くくり抜いた【荒挽き】を乾燥炉で木の中の水分を10%以下にします。木は切られてからも動こうとする性質があるので木が動かなくなるまで水分を抜き、自然の空気に慣らしてから挽くことで仕上げからも動きにくいように調整します。急激に乾燥すれば木は割れてしまうので、乾燥も木の材質、季節や気候によって左右するので乾燥も一つの技術です。

 乾燥の種類は自然乾燥、燻煙乾燥、除湿乾燥、真空乾燥があります。

  • 自然乾燥・・・文字通り、風を通し材料の中の水分を飛ばす乾燥方法。
  • 燻煙乾燥・・・木くずを燃やしその煙で材料をいぶす乾燥方法。
  • 除湿乾燥・・・強制的に木材の水分を飛ばす乾燥方法。
  • 真空乾燥・・・真空乾燥炉という機械を使い、真空状態にすることで加熱・減圧して強制的に乾燥する方法。

Related posts

叢雲塗の万年筆

Asada

漆器の修理について

Asada

全国伝統的工芸品公募展 内閣総理大臣賞

Asada